岐阜県の明宝ハムが紹介

4月12日放送の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系列)では、岐阜県民熱愛グルメ「明宝ハム」が紹介されました。

岐阜県民が熱愛する「明宝ハム」は、美味いく色々な料理に使えるため、いつも冷蔵庫に入れておきたい一品なのだとか。

しかし、似たような商品で「明方ハム」というハムもあるんですよね。

番組では特に触れられませんでしたが、何か違いがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


明宝ハム、明方ハムについて

「明宝ハム」「明方ハム」は、どちらも岐阜県郡上市の特産品で、昔ながらの手作り製法や素朴な味が人気となっています。

そして、二つとも見た目が似ているんですよね。そのため、間違えて買ってしまう人も多いのだとか。

名前も似ていますが、明宝ハムは「めいほうハム」、明方ハムは「みょうがたハム」と読みます。

 

実は、明宝ハムと明方ハムは元々の源流は同じでした。

かって岐阜県郡上の明方村では、農協職員が村の名物「明方ハム」を作っていたのです。

しかしある時、ハム工場が隣町の郡上八幡に移転することになったのですが、地元の名物は地元で作り続けたいという思いの従業員が、創業の地に残り「明宝ハム」を作ることに…。

こうして二つが分かれ、激しいブランド競争をしてきた歴史があるのです。

味の違いは、明方ハムのほうが2週間塩漬けするため、比較的塩辛いのが特徴。

ケンミンショーを見ていた視聴者の間でも、明宝ハムと似ている明方ハムについて話題になっていましたね。

 

スポンサーリンク


 

今ケンミンショーで明宝ハムのことをやってるが実は明方ハムというものもあるらしい。
明宝ハム≠明方ハム
明方ハムなんて似たものもございますのでご用心。 でも、明方も美味しい。
ちょっとブラックなことを言うと、明方ハムからケンカ別れして出来たのが明宝ハム
岐阜に社員旅行に行った時、元岐阜支社の社員が「明宝ハムと明方ハムの骨肉の争い(?)」について熱く語ってくれた。 岐阜の土産物屋にもがっつり明宝ハムコーナーがあったよね。
やはり、明宝ハムと明方ハムの骨肉の争いの歴史も皆んなに伝えてほしいねケンミンショー。
実家では明方ハム(みょうがた)の方だったなあ
ほんと生も焼きも美味しいから明宝ハム食べて…明方ハムも頑張ってるから明方ハムも買ってあげて、、、、

 

「明宝ハム」と「明方ハム」商品を楽天でみる>>

 

スポンサーリンク