5月14日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)では、「家庭内管理職夫と離婚できるのか?」という法律問題が取り上げられました。

家庭内管理職夫とは、どんな存在なのでしょうか?

行列のできる法律相談所で取り上げられたケースでは、家庭内管理職夫と離婚できるのか、気になる判定は?

 

スポンサーリンク


行列で取り上げられた、家庭内管理職夫とは?

近年、「家庭内管理職」タイプの男性に悩まされる人が多いと言います。

家庭内管理職夫とは、その名の通り、家庭内で管理職のような態度をとる旦那のことです。

ビジネスの世界に身を置き、人生の大半を仕事にそそいでいたような仕事人間の男性が、定年退職後に、家庭内管理職夫になるケースが多いのだとか。

仕事に全力を捧げていた現役時代は、家庭のことに一切口を出さなかったような人が、定年を迎えて、四六時中家にいるようになると、態度が豹変してしまう…。

こういう男性は、仕事で人を使う立場にあったため、定年後家族に対しても、まるで上司が部下に接するような態度をとってしまうのです。

 

スポンサーリンク


『行列のできる法律相談所』家庭内管理職夫のケース

『行列のできる法律相談所』で法律相談に寄せられたケースは、次のようなものでした。

銀行に勤めていた夫が、定年退職してから家事のささいなことに口を出すようになり、次第に口出しはエスカレート。

細かいルールを増やすようになり、「光熱費が先月より500円も高い」「改善点を報告書にまとめろ」など、まるで仕事上の事ように命令を出す管理職な夫に…。

妻は、こんな生活がずっと続くのかと思うと、嫌気がさして離婚を切り出しました。

しかし夫は、自分は暴力をふるっている訳でもないし、離婚をするいわれはないと反対。

 

この場合、果たして離婚できるのか、弁護士軍団の見解は…?

 

スポンサーリンク


 

「行列」家庭内管理職夫と離婚問題。判定は?

北村弁護士は、離婚できない。

一旦、家族の気持ちを推し量るように夫を説得し、チャンスを与える。

それでも改善しない場合は、離婚できる。

 

菊地弁護士は、離婚できる。

夫は以前から、自分の意見を変えない性格だそうなので、現時点ですぐ離婚できる。

 

本村弁護士は、離婚できる。

夫がこんなに細かいことを決める権限はない。モラハラも良いところなので、即離婚できる。

 

スポンサーリンク