「林修の今でしょ!講座」で紹介!冬野菜

2月21日に放送された「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日)で、冬野菜の栄養や効果が紹介されていました。

番組の再現VTRでも紹介されていましたが、肉じゃがを作るときなど、砂糖をけっこう使うんですよね。

ですがそんな時でも、ニンジンの食材の甘みが増せば、砂糖をそこまで使わなくてもすみます。

では、人参の甘みを増させるにはどうしたら良いのか?

それには保存方法にコツがあるのだそう。

スポンサーリンク


ニンジンの甘みが増す保存方法とは?

ニンジンの保存の仕方について、クイズで次の二択が出ていました。

・新聞紙に包んで常温保存
・チルド室で冷やす

果たして、甘みを増すためにどちらが効果的だと思いますか?

一般的には、ニンジンの保存方法としては常温保存が多いかと思いますが。

スポンサーリンク


正解は・・・「チルド室で冷やす」でした!

人参を甘くするには、凍る寸前の0度近くで保存するのが良いそうです。

0度近くに冷えると、ニンジンは自分身体が凍らないように、糖分を増やすのだそう。

林修先生も解説していましたが、糖分が増えると、水が凍る温度が下がる(=0度でも凍らない)そうなんです。

自然に生きる野菜の知恵ですね^^

ニンジンを使う肉じゃがや煮物など、砂糖の量が気になる方は、ぜひニンジンの甘さが増える保存方法を試してみてください。

スポンサーリンク