5月11日放送の『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ)では、静岡県民熱愛グルメ「しぐれ焼き」と、焼きそば界のキング・富士宮やきそばが紹介。

富士宮やきそばは有名ですが、しぐれ焼きは知らないという人も多いのではないでしょうか。

ケンミンショーで取り上げられる、静岡2大熱愛・激ウマ謎のしぐれ焼き&富士宮やきそばについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


ケンミンショー静岡県民熱愛のしぐれ焼きって何?

しぐれ焼きとは?

しぐれ焼きは、富士宮市を中心に食べられているお好み焼きの一種。富士宮のお好み焼きですね。

しぐれ焼きの特徴は、富士宮焼きそばにも使用される「だし粉」というイワシの削り粉と肉かす、そして富士宮焼きそばの麺が入っています。

しぐれ焼きは、富士宮市の焼きそば店や、鉄板焼きのお店ではよく販売されています。

キャベツの甘みと、香ばしいだし粉の風味、カリカリの肉かす、コシのある富士宮焼きそばが見事にマッチしていて、ぜひ味わいたいグルメです。

 

 

スポンサーリンク


ケンミンショー静岡県民熱愛の富士宮やきそば!

 

静岡県民熱愛のB級グルメといえば「富士宮やきそば」というくらい、富士宮やきそばは誰もが思いつく名物ですよね!

「富士宮やきそば」という名称は、1999年に富士宮市の地域おこしの話し合いで、独自性がある地元の焼きそばに着目したのがきっかけで名付けられたといいます。

B級グルメの人気を決めるB-1グランプリでは、第1回と第2回で第1位、第3回は特別賞となりました。

 

 

富士宮やきそばの特徴は、

  • 富士宮やきそば専用のコシのある麺を使用していること、
  • 肉かす(油かす)を使用すること
  • 仕上げにダシ粉(削り粉)をふりかけること

この3つが特徴として挙げられます。

通常の焼きそばは、上にカツオ節をかけますが、富士宮焼きそばにはイワシの粉をかけるのが面白いですよね。

イワシの削り粉は、富士宮焼きそばの大事な香り付けとして必要不可欠な存在となっています。

 

スポンサーリンク


しぐれ焼き&富士宮やきそばに視聴者の反応

しぐれ焼きも静岡でよく食べるな。マヨネーズが苦手なので、マヨネーズをかけないのが前提のしぐれ焼きは助かりますw

しぐれ焼き。鉄板焼きの一種で、最初にキャベツと富士宮やきそばの麺を焼いて、その上から肉かすとかお好みの具を乗せて、お好み焼きの生地をとろ~りと垂らして両面をパリッパリに焼いたやつ(*´ω`*)いわゆるお好み焼きと富士宮焼きそばのハイブリッド??

モダン焼きは中華麺なんだそうです。しぐれ焼きは富士宮焼きそばが入ってるそうなので、そこが違うですねー!焼きそばってだけだったら広島焼きじゃん!って私は思うとこでした(ノ∀`)w

ほぉ・・・美味しそうね、しぐれ焼き。

富士宮市民以外の人にはしぐれ焼き自体知らない人だってたくさんいるはず。

富士宮焼きそばは、B級グルメグランプリで有名になるまで存じませんでした。いまや縁日などの屋台店で普通に見られるようになったけど。しぐれ焼き、あられ焼きは 全く初耳!やはり富士宮を中心にした食べ物なんでしょう。

静岡県西部では、しぐれ焼きなんてもちろん知らないどころか、富士宮やきそばすら、B-1グランプリが始まるまでは知らなかった人も多い。それくらい静岡県は横に長く、育まれた環境も文化も違う。もともと違う県だったくらいなのだから当然なのだけど…

静岡市出身だけどしぐれ焼き知らん。桜エビ、だし粉は静岡B級グルメの定番だと言う事は間違いない。

富士宮やきそば、会社の人たちとの山梨旅行の時に芝桜祭?やってて、公認の屋台で食べて感動したなぁ。あんな美味しい焼きそば食べたことなかった。

しぐれ焼きは地域限定の食べ物なので富士山を見がてら、是非お越しくださいませ〜!

 

スポンサーリンク