5月14日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)では、DASH海岸のコーナーが放送。

東京湾の深海で、TOKIO城島茂さんと山口達也さんが、幻の古代ザメ「ラブカ」を捕獲したのです!

ラブカは、映画『シン・ゴジラ』のモデルとなった超稀少な古代魚。

世界的に珍しいサメですが、実は日本の海にはラブカが現れることが多いようです。

 

スポンサーリンク


シン・ゴジラのモデル!幻の古代ザメ「ラブカ」

ラブカは、漢字で「羅鱶」と書き、英語では“Frilled Shark”(フリル付きの鮫)と呼ばれています。

その名前の通り、フリルのような特異な形のひだ状のエラを持っています。

普通のサメは、エラが5列あるのに対し、原始のサメであるラブカは、エラが6列あるのが特徴。

ラブカは、原始的なサメの特徴を残していることから「生きている化石」とも呼ばれているのです。

 

スポンサーリンク


 

そんな超稀少な古代魚のラブカですが、実は映画「シン・ゴジラ」のゴジラ第二形態のモデルになっているというんです。

ゴジラ第二形態、通称「蒲田くん」は、ラブカをモデルにしているんですね~。

確かにエラの部分などそっくりです。

鉄腕DASHでTOKIOがラブカを捕獲した!DASH海岸

TOKIOの城島茂さんと山口達也さんは、これまでも鉄腕ダッシュで東京海底谷の生物調査を行ってきました。

5月14日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』でも、横浜DASH海岸から東京湾の入り口にある「東京海底谷」を訪れます。

東京海底谷は、水深500メートルにもなる深海で、河川からの栄養が豊富に流れ込むため、世界的にも貴重な生物が住んでいる深海です。

そこで古代サメ・ラブカを生きた状態で捕獲したTOKIOの2人。。

これは本当に凄いことで、日本はもちろん世界中のサメ学者も驚くほど超貴重なことなのです。

城島さんは「こりゃすごいことだぞ」と興奮。山口さんは「でも、なんか口の歯並びとか、見た目ヤバいよね」とツッコミ。

TOKIOの2人に同行していた、DASH海岸監修の木村さんは、「あの2人が持つ強運にはただただ驚くばかり」「まさか生きたラブカを見ることが出来るとは」と感動していた様子でした。

 

鉄腕DASHはどこまで行くのでしょうか…本当にすごいですね!

 

スポンサーリンク