50歳過ぎの女性うつ病患者は25~26歳の頃を後悔?

5月10日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)では、50歳過ぎの女性うつ病患者は、25~26歳の頃を後悔しやすいという情報が紹介されました。

日本やアメリカ、イギリスでも研究された結果があるのですが、「25歳の壁」と言うものがあり、50歳過ぎの女性うつ病患者は、25~26歳の頃にもっとたくさんの人と付き合えばよかった、あんなことをすればよかったと人生を後悔しやすい結果が得られていると言います。

 

スポンサーリンク


50歳過ぎの女性うつ病患者は25~26歳の頃を後悔?

それはなぜかと言いますと、主に25歳の頃に様々な喜怒哀楽の感情を体験しているかしていないかで変わるそうです。

25歳の時に沢山の経験をしている方のほうが、50代になっても精神状態が健康でいられるそうです。

これは女性だけでなく男女ともにいえることだそうで「25歳」と言うのは人間にとってキーポイントになる年齢と言えます。

特にどのようなことに後悔されるかと言うと、「自分に素直に生きればよかった」と言う方が多く、周りの望みを叶えてあげることに一生懸命だったり、他人に合わせて自分を抑えてしまっていたり、自分より他人を重視する方が多く、それは良い事なのですが他人のために行い他人が喜び一切自分が心から喜ぶことをしていないからなんじゃないでしょうか。

ほかにも「一生懸命働かなくてもよかった」といい、特に25歳の頃は仕事で後輩もできリードしていかなければならない存在だったりと、いろいろと忙しい時期でもあります。

そのため仕事をし過ぎて家族や友人、恋人など大切な人との時間を失い今になって後悔をする方が多いようです。

 

スポンサーリンク


 

このように、50代のうつ病患者の方は若いころに喜怒哀楽を体験する時間が無く後悔をしてしまうことが多いです。

しかし、そんなうつ病の方でも40代になり25歳の頃何もしてなかったと不安な方でも、取り戻す方法はあります。

何でもいいから自分を褒めることです。

例えば今まで掃除なんてしたことが無かったのなら掃除をしてみましょう。掃除が出来たら「自分は掃除ができるんだ!」と言い聞かせ褒めてください。

この様に小さな事でも「出来た」と喜び徐々に高度な事に挑戦していく事が大切です。

そして徐々にレベルを上げていきます。一人でランチへ行ったことが無い方はランチへ一人で行ってみましょう。

この時無理はしなくていいのです。無理ならまだ早かったと思い深く考えずまたチャレンジすればいいだけです。

そして小さな成功体験を1つ1つ増やしていき喜びを感じましょう。

うつ病でない方でもいろんなことにチャレンジすることが大切で、そこでの失敗もありますが何よりも喜怒哀楽を感じ噛みしめ体験すると50代で後悔することがへり
精神状態が健康でいられる人になれます。

 

スポンサーリンク


ホンマでっか!?25歳の壁に視聴者の反応

「25歳の時、もっと遊んどけばよかった」って50歳過ぎの鬱病の女性患者は口を揃えて言うらしい。 ちょうど25〜6歳の喜怒哀楽が影響するからなんだと。 だから、元気なおばさんになるためには沢山の喜怒哀楽を伴う経験やお付き合いしたり遊んでおくことが必要なんだと。
ホンマでっかで、25歳は節目云々いろんな人と関わったほうがいいと見た。かかわりてえ!
25歳に異性と遊ぶ率が低いと将来鬱病になりやすいとか地獄かよもう殺してくれ
25歳の壁かー わたし20代で精神的に死んでた年数の分のいろいろいま取り戻そうとしてるのかな?? すごい楽しい⸜(๑⃙⃘’ω’๑⃙⃘)⸝ 体力はあるんだけど地味に回復に時間かかってきてるぞ…ლ(゚д゚ლ)

 

スポンサーリンク


 

ほんまでっかTVで、なんか25歳ごろにいろいろ楽しむのが大事みたいな話がね😊 誕生日はまだ先!
25歳の頃、喜怒哀楽がないと50歳頃鬱病かぁ…
25歳の壁か。25歳の頃何にもしてなかったな。恋愛しとけばよかった。#ホンマでっかTV
25歳の壁…すごい分かる。
植木先生が言った「めくるめく25歳でした」、めっちゃ響いたわ…
25歳で人生諦めたんだがwww ←え😇笑 壁やってくるかな???w
25歳が壁だって。 もう無理な気がする。あったかい部屋でじいっと座ってさ、液晶と夢しか見ていない。

 

スポンサーリンク