『ホンマでっか!?TV』で紹介された物忘れを治す方法!

明石家さんまさんの『ホンマでっか!?TV』では、様々な「ホンマでっか!?」な情報が紹介されますが、物忘れの悩みもよく取り上げられます。

物忘れがひどい人にも注目の、物忘れの治し方、物忘れの原因など、番組で紹介された内容をご紹介していきます。

2017年5月10日の放送でも、物忘れについて取り上げられましたので、追記していきます。

 

スポンサーリンク


泉ピン子や横山裕も相談した!物忘れを治す方法

物忘れについて、悩んでいる方も多いのではないかと思います。

番組でも、過去に泉ピン子さんや、関ジャニ∞の横山裕さんが、物忘れを直すことについて相談していました。

泉ピン子の相談~物忘れを治す方法が知りたい~

2010年7月19日放送の『ホンマでっか!?TV 90分スペシャル』では、泉ピン子さんが「物忘れを治す方法が知りたい」と悩み相談をしていました。

泉ピン子さんは、自分は最近物忘れがひどくなってきていると相談。

一方、『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子先生は、当時85歳でしたが、とてもしっかりしてるので、泉ピン子さんは自分が物忘れするにはまだ早いと、危機感を抱いていたようです。

そんな泉ピン子さんに対し、『ホンマでっか!?TV』の評論家軍団がアドバイスした内容を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

環境・武田先生

人生に必要なことは、年齢に関係なく覚えているもの。

興味がなくなった事は物忘れしやすい傾向にある。

また、歳をとると物忘れを気にするので増えるように感じるという事もある。若い人は物忘れを気にしない。

我慢強さや自信を持つことは、歳をとっても第一線で活躍することに、とても重要。

科学・池田先生

常に、少し前の記憶を思い出すようにすると、記憶は定着しやすい。

忘れないために日記をつけるのは効果的である。

軍事・テレンス先生

一人芝居の様に自分に命令し、その命令に自分で従って行動すると効果的。

 

スポンサーリンク


脳科学・澤口先生

物忘れ防止には、散歩などの有酸素運動を毎日継続すること、また、笑う事によって、脳が活性化され物忘れをしにくくなる。

食事に関しては、魚と卵を食べることが記憶力アップにつながる。

魚には、悪玉コレステロールを低下させる成分が含まれている。

 

<記憶について>

単純な記憶というのは、18歳をピークに下がっていくが、年齢と共に上がる記憶もある。

年齢と共に上がる記憶というのは、記憶を活用する能力。

ちなみに、ダイエットをすると急速に記憶力が下がる事がある。

心理・植木先生

物忘れは、実は年齢に関係なく、誰でも1日5~8回の物忘れをしている。

無理に思い出そうとするのは、非常にエネルギーを使う事なので、他の記憶を呼び出す妨げにもなる。

 

このように、「物忘れを治したい」と相談した泉ピン子さんに対して、専門家軍団は話していました。

物忘れを治すのに重要なポイントをまとめると、

  1. 忘れてしまうことに興味を持つこと
  2. 日記を書く
  3. 一人芝居をする
  4. 散歩などの有酸素運動をする
  5. 魚と一緒にたまごを食べる
  6. 忘れたことを無理やり思い出そうとしない

という事が挙げられるということですね。

 

次に、若くても物忘れがひどい?ジャニーズのアイドル・関ジャニ∞の横山裕さんの相談を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


横山裕の相談~物忘れがひど過ぎる~

2013年10月16日放送の『ホンマでっか!?TV』では、ゲストに関ジャニ∞のメンバーが登場。

関ジャニ∞の村上信五さん、安田章大さんが、横山裕さんの「物忘れがひど過ぎるので直してほしい」と相談しました。

横山さんは、下ろしたお金をATMに置き忘れたり、免許証を6回無くしたり、ケータイや財布も忘れるのでロケも遅れてしまうとのこと。

生物学・池田先生

年取ってから物忘れは認知症の可能性も考えられるが、まだ若いので別の理由がある。

他の事を考えていて上の空の可能性。脳が普通の人とは違う、芸術性な才能があるかも。

忘れないためには、次に行動する時、言葉に出してから行うのが効果的。

環境・武田先生

脳の許容量を越えると物忘れが起こる。通常より脳の容量が少ない、脳が小さい可能性があるかも?

脳科学・澤口先生

物忘れが激しい理由は、脳の容量が少ないケース、注意散漫なケースがある。

横山さんは、脳のキャパシティが少ないというより、注意散漫の可能性が高い。

そして注意散漫な人は、詐欺被害に遭いやすいので注意。

 

スポンサーリンク


教育・尾木先生

イライラが多い横山さん。ストレスホルモンが、記憶を司る海馬の機能を阻害している恐れがある。

医療・おおたわ先生

忘れ物が多いかどうか分かる診断。

Q:初めての場所に一人で行くとき…

①地図を見ながら行く
②言葉で聞いて覚えて行く

 

①地図を見ながら目的地に行ける人は、同時に複数の処理が脳で出来る。

②言葉で「何の建物を曲がって~交差点を~」などと聞いて覚えて行く人は、1つずつ分析し処理するのが得意だが、忘れ物が多い傾向がある。

そういう人は、常にふせん等に用件を書いて貼っておくと良い。

 

スポンサーリンク


ホンマでっか「泉ピン子人生相談 物忘れが止まらない」解決法

2017年5月10日放送の『ホンマでっか!?TV』は、「泉ピン子物忘れ悪化怒りの人生相談」

7年前に物忘れについて相談した泉ピン子さんが、「全然効果がなかった。むしろ物忘れが悪化した」と怒りの相談を持ちかけました。

そんな怒りの泉ピン子さんに、改めて評論家軍団が話したアドバイスとは??

脳科学・澤口先生

ピン子さんは、プールで有酸素運動をしているが、プールなどでの水中運動が有酸素運動として脳に良いという研究はない。というのも、プールでは浮いてしまうので筋肉が鍛えられないから。

70歳くらいの方は有酸素運動を行う場合20分くらいゆっくり見度糊中をウォーキングすると良い。あまりやりすぎず、1週間に3~4回が効果的。

また、黒柳徹子さんが実践している、夜20分のスクワットで大腿筋を鍛える事で、脳に良い物質が出るのでお勧め。

 

最近は、物を覚える研究よりも忘れる方の研究が多く、不必要な情報は忘れたほうが良いという研究結果が出ている。

高齢者は長い年月生きてきているので記憶が多すぎる事が物忘れをする原因となっている。

興味や好奇心を持つものだけ覚え、それ以外のものは忘れたほうが良い。

理解した内容の事を覚えるのが人間の本質だから、人の名前や年号は覚えにくいのは当然のこと。

例えばブラックマヨネーズの吉田さんは、吉田である根拠がないので覚えにくいのであって、イメージング法を使えば覚えやすくなる。

吉田さんは、頬がニキビ跡でちょっと凸凹で荒れているため、田んぼに見立てて吉田。小杉さんの場合は髪の毛が薄いので薄い→濃すぎ(こすぎ)る→小杉(こすぎ)さんと覚えるなど、イメージング法で覚えると忘れにくくなる。

 

スポンサーリンク


生物学・池田先生

本来脳は一度覚えると脳は忘れる仕組みになっているが、年を取ると覚える事が増加する為、引き出しにくくなる。

そのため、重要なことは繰り返し思い出す事で忘れにくくなる。

英語は読んでいるだけでは覚えないが、授業などで喋ったことは印象が強くなかなか忘れない。

ピン子さんがセリフをミスしないのは、芝居で喋っているから。

ピン子さんの話しは反応がよく、こういう人はボケないし、人が何か言った時に的確に言葉を返す人は大丈夫だとのこと。

年を取っての物忘れは仕方がない事だが、どうしても忘れたくない場合は、必要な事だけ覚え、絶対に忘れてはいけない肝心なことだけ覚えて後の事はあまり気にしないほうが良い。

環境・武田先生

60歳以降はシンプルな生活を送り、やりたいことだけを覚え他は忘れる方が良い。

この良いと言われるシンプルな生活とは、記憶さえ捨てて、友達も減らして考える事も減らす。つまり必要なもの以外を全部捨ててシンプルな生活を送ろうという考え。

小学校の頃に戻るような考えで、忘れてもいいようなことなら忘れてしまおう。

年を取っていても、自分は若いと思うと良い。人間は大脳が支配しているため、「自分が若い」と思い込むことで気持ち的に若くなれる。

例えば50歳が30歳と思いこんだり、70歳が50代と思い込んでも若返りに効き目がある。

 

スポンサーリンク


心理・植木先生

IQの高低にかかわらず、勉強向きの性格で物を覚えやすい性格、物忘れをしやすい性格がある。

一つのゴールの話に行かず回り道をして話すタイプは、1つの答えに行く前に他が気になりもともと考えていた事を忘れやすい。

そんな人は小学校の勉強の計算ドリルなど一つの事を最後までやると物忘れが改善される可能性がある。

また、覚えたことをアウトプットすると覚えやすい。インプットするよりアウトプットしたほうが覚えやすく、書いて覚えるより人に発表する場が忘れにくい。

そして、あわてんぼうやせっかちな性格の人は、物忘れしやすい。

60歳の人に、認知テストといって実験した場合と、心理テストと言って実験した場合、心理テストの方が4割も高得点という結果が出た。

つまり、人はリラックスしていた方が失敗しない傾向があり、宝石をゆっくりしまう人は無くさないが、ぱっぱと方つける人は無くしやすい。

経済・門倉先生

ピン子さんは、忘れっぽくアクセサリー、鍵、携帯電話などをたびたびなくす。

ある実験では、電話をしながら、丸や三角、四角などの落書きをしていた人の方が覚えていた確率が30パーセント高かった。

そのため、台本に落書きするような人の方が覚えやすい。

 

スポンサーリンク