ケンミンショーで宮城県民熱愛の牛タン

5月4日放送の『秘密のケンミンSHOW』では、宮城最強グルメ・牛たんの魅力がたっぷり紹介!

宮城県民グルメの牛タンは、普通の薄切りの牛タンと違って、肉厚で大きいんです。

そんな宮城仙台の牛たんの、仰天の常識とは!?

 

スポンサーリンク


ケンミンショーで宮城県民熱愛の牛たん

ケンミンショー、仙台市内だけで90軒以上の牛タンのお店がある。

これほどお店があり、宮城といえば牛たんというイメージですが、値段は高めなんです。

そのため、実際の宮城の地元の人たちは、特別な日や県外の人をもてなす時、ご褒美の時など、特別な時に食べるそうです。

宮城県民の人でも、牛たんを普段からよく食べているわけではないんですね。

宮城県民熱愛の牛たん・仰天の常識とは?

宮城の牛タン定食は、三つのマストアイテムがそろって、はじめて牛タン定食。

麦飯、テールスープ、南蛮味噌、この3つがそろっているのが特徴。

麦飯とテールスープと南蛮味噌の3セットこそが、宮城県民にとっての牛タン定食なんですね。

牛タンには塩味と味噌味があり、麦飯にとろろをかけて食べたりもする。そして、スタジオのみのもんたさん曰く、「テールスープを麦飯にかけてたべたくなる」とのことです^^

 

スポンサーリンク


宮城県民熱愛の牛たん・歴史

焼き鳥屋を経営していた太助の初代店主・佐野啓四郎さんが、洋食のタンシチューに使われていた牛の舌に目を付けたことから生まれました。

そして、高度経済成長期に、他県からの転勤族の間で牛たんが話題になり、また牛肉が安く手に入るようになったことから、宮城県内で牛たん文化が一気に広まったとのこと。

 

スポンサーリンク


ケンミンショーの牛たんに視聴者の反応

あ、ケンミンショーで仙台の牛たんやってるけど、県民は牛たんは『ハレの日』に食べるもの、という最も大事なことをちゃんとやってる。よかった。

ケンミンショーで牛タンのことやってるけど全部常識かと思ってた

牛タンおいしいけど、ほんとごちそうなんだよね。 友達とご飯とかじゃないといけない

宮城県民でも牛タン定食食べた事ない人いるよ。利休、司とか行ってみたいけどなかなか行けないから行ってみたい あの分厚いタン食べたい

ケンミンショーで牛タンの話ばっかするから食べたくなってきたw

ケンミンショーで仙台の牛タン特集してて食べたなってきた。 仙台行ってご馳走してもらわなきゃ(がめつい)

牛タンを食べに宮城においでよ

 

スポンサーリンク