映画で食べ物「食べる派」「食べない派」

4月19日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)では、映画と食べ物について取り上げられました。

映画を観るときは、「食べながら」か「食べない」か、スタジオでは真っ二つに分かれて議論していました。

科学的には、どっちのほうが得なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


映画で食べながら?食べない?

心理学的には、映画の内容を堪能するには、食べないほうが得だそうです。

何も食べないほうが、感情が動きやすいそうなので、映画のストーリーにも感動しやすくなるということですね。

 

脳科学的にも、食べないほうが良いそうです。

実は、味覚によって聴覚が変わり、しょっぱいものを食べると、音量が小さく感じるそうですよ。

映画館でポップコーンを食べることは、映画館の策略の一つだとか^^;

 

また、飲食をすることで判断能力が鈍るということも。

ただし、お年寄りの場合は、食べ物を噛んでアゴを動かす事で、集中力が上がるので、逆に食べたほうが良いそうですよ。

 

スポンサーリンク


ホンマでっかな映画情報に視聴者の反応

しょっぱいものを食べると音量が低くなるとは…!
ポップコーンとは関係ないけど、甘い物は??
僕はよく耳が遠いと良く言われる。今、ホンマでっかTVでしょっぱいものを食べると音が小さく聞こえるとのこと。つながった。
「脳科学的には損。 味覚によって聴覚が変わる。 しょっぱいもの食うと音が小さく聞こえる。 高齢者はアゴを動かす事で集中力が上がるので良い。」 「飲食をしてると判断能力が鈍る」 要するに高齢者以外は機能が落ちるからダメって事か。
ホンマでっかって無駄に勉強になるよね

 

映画を見ながら〇〇の人は自律神経が乱れている!?

 

スポンサーリンク