扇風機おばさんがアメリカにもいた!

4月18日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)では、美容整形に失敗し、顔面崩壊してしまった“アメリカの扇風機おばさん”が登場。

アメリカ・フロリダ州に住むキャロル・ブライアンさんは、とても美しい女性でしたが、美容整形によって顔が大きく腫れ上がってしまい、まるで韓国の「扇風機おばさん」のような状態に…。

そんなキャロルブライアンさんの、美容整形から顔面崩壊に至るまでと、今現在の状態について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


若き日の美しいキャロル・ブライアン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

 

キャロルブライアンさんは、まだ若い20代の頃、自分の美しい容姿に満足していました。

しかし年を重ねるにつれ、肌の衰えや老化が気になり出し、美容クリニックに足を運びます。

初めはボトックス注射で、目の周りのシワを取り除く程度。この時の結果は満足のいくものでした。

それから数年経ち、47歳になったキャロルさんは、再び肌の老化が気になるようになります。

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

 

前回、ボトックス注射で満足のいく結果となった美容整形に、今回も頼ることにしたキャロルさん。

頬のたるみと額のシワを改善するため、額と頬に詰め物を注入する手術を受けました。

しかし、この選択が大きな間違いだったのです。

 

スポンサーリンク


美容整形手術の失敗。顔面が腫れ“扇風機おばさん”に

実は、頬と額に詰め物を注入するというのは、熟練の技術が必要な難しい手術でした。

しかし担当の整形医にはその技術が無く、2種類の詰め物を注射器の中で混合し、間違った箇所に注射してしまったのです。

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

 

キャロルさんの顔は大きく腫れ上がり、瞼にテープを貼らなければ目が開けられない状態に…。

手術の後、3ヶ月経っても顔面は腫れたままで、激しく痛むようになっていました。

 

スポンサーリンク


 

キャロル・ブライアンさんは、他の医療機関に助けを求めて矯正手術をしてもらうも、状態は良くならず悪化していく一方でした。

そんな状況で4年が経過し、キャロルさんの顔はまるで韓国の「扇風機おばさん」のような状態にまでなってしまいます。

 

出典:http://vod.ntv.co.jp/f/view/?contentsId=13458

 

ちなみに、次の画像が扇風機おばさんこと、ハン・ヘギョンさん。

元々はとても美人で、美容整形によってこのような状態になってしまいました。

 

出典:http://yuhiya1627.com/senpuukiobasan-geizai-3526

 

キャロルさんは部屋に引きこもり、自分の容姿を恥じるあまり、友人や家族にさえも顔を見られることを恐れるようになりました。

 

スポンサーリンク


キャロルの娘がアメリカ中の病院に働きかけ、今現在は?

キャロルブライアンさんには娘がいました。2013年、娘のソフィアさんは母親のために、全米の病院に母の写真を送って治療を依頼しました。

ほとんどの病院に断られましたが、UCLAカリフォルニアクリニックのレーザ・ジャラフィ医師が、キャロルさんの治療を引き受けてくれることに。

顔は元通りとまではいきませんでしたが、画像を見ても分かる通り、以前より大分良い状態となりました。

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

 

キャロルさんは「ようやく人生を取り戻すことができた」と語り、「二度とこんな経験が、誰の身にも起こらないことを願う」と話しています。

美しくなりたいと思って受けた美容整形で、こんな事になってしまうなんて、本当に恐ろしいですね…。

英語版ですが、キャロルさんのエピソードはこちらの動画でも紹介されています。

 

 

スポンサーリンク